業種別活用ガイド

 ■建設業のケース

”建設業”に多いお悩み

建設業は先出しの費用が多く、入金サイトが長い、検収や天侯の変化などによる入金ズレなど最も資金繰りに悩まされる業種です。

仕入資金、人件費の確保の確保に悩まされている会社も多いかと思います。

ファクタリング利用のメリット

ファクタリングを使えば支払サイトの長い売掛金も即現金化することができ、下請けの支払や先出しの材料費の支払いはもちろん、元請けからの新たな案件の受注も可能になり、大きな利益を生み出すことができます。

 

 

■製造業のケース

”製造業”に多いお悩み

製造業は材料仕入れなど多額の経費がかかり、売掛先からの入金が入る前に次の注文が来て、さらに材料費や人件費の支払いが先だしで自転車操業になりがちです。

競合他社も多く低価格で仕事をこなさなければならないため、粗利益が少なく、突発的な入金ズレなどに対応できない状況が多いと思います。

また入金サイトが長かったり手形による入金も多いためキャッシュが残らない、連鎖倒産の危険性も常にあります。

ファクタリング利用のメリット

ファクタリングを使えばつなぎ資金が確保でき、キャッシュフローの改善、更なる案件の受注によって利益を伸ばすことも可能です。またキャッシュで支払うことによって取引先からの信用度のアップや低コストでの仕入れが可能になります。償還請求権のないファクタリングによって売掛先の倒産の際の回収も不要になるので、安心して仕事をすることができます。

 

■運送業のケース

”運送業”に多いお悩み

運送業は高速代や燃料費の高騰、人件費が先出しで発生することが多く、また突発的な車輌トラブル、事故、車検など急な出費などで資金ショートが発生しやすい業種です。

ファクタリング利用のメリット

ファクタリングを使えば急な出費にも対応でき、円滑に事業を継続することができます。

また繁忙期などで増車、増員の資金を調達することによりファクタリングの手数料よりも大きな売上、新たな売掛先への繋がりも見込めます

 

■広告業のケース

”広告業”に多いお悩み

広告業は広告費の高騰、競争過多による低予算での受注など厳しい状況が続いています。

ファクタリング利用のメリット

ファクタリングを使えばキャッシュを先出し広告費にかけることができ、大きなリターンが見込めることによってチャンスが広がります。

 

■介護・医療のケース

”介護・医療”に多いお悩み

介護事業は国保連からの入金のため支払サイトが長く運転資金に苦労しやすい業種です。

介護需要者は増えているのにキャッシュが枯渇し倒産する会社が増えています。

ファクタリング利用のメリット

ファクタリングを使えば2カ月のサイトを待たず即座に現金を得ることができ、なおかつ国保連は入金ズレなどがない安定したのため安い手数料で買取してもらうことができるのでファクタリングを利用する事業者が増えています。