ファクタリングに適した企業様

銀行などの金融機関からの融資が受けられなかった方や、売掛金の支払いサイトが長い取引先が多い企業様は、ファクタリングによる資金調達に適しております。

こんなお悩みはありませんか?


  • 会社を設立して1年未満でまだ実績がなく借り入れが難しい…
  • 早急に資金が必要だけど、審査に時間がかかる
  • 売掛金の支払いが先で運営が厳しい
  • 取引先に知られず売掛金を早期に資金化したい
  • 業績が悪化して金融機関から融資を受けられない
  • 税金滞納をしていて融資を受けられない
  • 借り入れせずに資金を調達したい
  • 材料費、人件費の費用を調達したい
  • 金融機関の融資は契約までが面倒

 

ファクタリング利用が有効なケース


ファクタリングがおすすめなのは、大口の支払い需要が年に何度かある場合など、そのタイミングで一時融資などのつなぎ資金が必要な方。

また、法人税や消費税、源泉所得税などの大口の支払いがある方、新規事業のための運転資金での利用に必要な方、決算前に現預金を準備しておきたい方、売掛先の入金がずれて資金繰りが悪化し仕入先への仕入れコストや人件費などの経費が支払えない方、メインバンクや取引先に知られずに資金を入れたい時などにも非常におすすめです。

リスケ中で赤字決算や債務超過で融資が受けられない場合や、融資の担保となる不動産や保証人が用意できず融資が受けられないといった時、税金を滞納中だったり信用情報に問題があって、新規の融資が受けられない場合、売掛先との力関係から、支払いサイトが長い場合などでもファクタリングならば問題なく資金調達できます。

その他にも支払いサイトが長い場合に、売り上げは黒字にも関わらず手元に現金がないといった事態に陥ることがあります。そのような黒字倒産を回避するためにも、ファクタリングの活用は大変有効です。

 

ファクタリングに適した業種例
建設業・小売業・卸売業・人材派遣業・製造業・運送業・医療機関・介護事業者など

例として挙げた上記の業種などは、回収サイクルが非常に長く資金繰りが悪化しがちですので、ファクタリングによって資金繰りが良くなる傾向があります。

売掛金が早期に入りキャッシュフローが良くなれば、新規の取引先も探すことができるようになりますし、新しい仕入先を探すこともできます。

【各業種ごとのファクタリング活用例は、下記リンクよりご覧下さい。】

業種別活用ガイド